東京都の奥多摩町や千葉県南房総、神奈川県、富士山山麓、山梨県八ヶ岳山麓
清里高原、丹波山村の田舎暮らし格安古民家物件なら購入・賃貸の失敗はない

格安物件の充実を図れば田舎暮らし希望者が大勢集まり村が栄える

古い空家(古民家)は壊してもお金がかかるし、修復するにもお金がかかる。で、あれば、古い空家(古民家)を無料で賃貸で貸し、
入居者負担で自由にリフォームしてもらえば、貸主、借主双方の利益になり、村も賑わう。これを三方良しとも言う??

「スポンサーリンク」


このブログを検索

ブログ「田舎暮らし格安物件を探す」内にある名言

戦争をしてまで「豊かな生活」を欲した戦前の日本
原発事故を引き起こしてまで「豊かな生活」をエンジョイしたがる戦後の日本
ブログ 田舎暮らし格安物件を探す
http://inaka-kakuyasu.blogspot.jp/  より


上記は2016年11月10日 無欲元気さんのTwitterへの投稿内容です
https://twitter.com/tomi_eo/status/796686491116310528

2015年10月15日

田舎暮らしの格安物件は何時でも購入(賃貸)出来る訳ではない

日本に食糧危機が訪れたら田舎暮らしの格安物件はなくなる

日本では先を見る目のある人々は、田舎暮らしの格安物件を既に購入(賃貸)している。
自前の野菜などを確保するために家庭菜園をやるためだ。
いきなり日本に食糧危機が訪れたとしても、ジャガイモとかサツマイモを少し多めに栽培しておけば、第二次大戦の終戦前後の時の様に田舎に食糧の買い出しに行かなくても済む。
今後予想される輸入品だらけの野菜に対応する目的の人々もいる。
スーパーでの出費を抑える目的の人々もいる。
いきなり日本に食糧危機が訪れたら、いきなり命を脅かされる事となる。
今の内だと、田舎暮らしの格安物件はわざわざ田舎へ行かなくても、色々な情報網で探す事が出来るが、いきなり日本に食糧危機が訪れたとしたら、田舎へ行っても田舎暮らし物件すら見つからなくと思う。
第二次大戦の終戦前後の時の食糧難を体験した人なら理解していただけると思います。
ただ、昔と今の田舎の違いまでを理解されている方は少ない様です。
これからは田舎へ行っても食糧を分けてくれる農家は殆どなくなると思います。
ご存じの様に、田舎で農業に従事しているのは、殆どが爺さん婆さんだからです。
だから、これからは都会暮らしの人々が田舎暮らしの格安物件などを購入(賃貸)して家庭菜園などをやる必要があるのです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

田舎暮らし格安物件の古民家などを購入したり賃貸する目的は?

田舎暮らし格安物件の古民家で無農薬で有機栽培の家庭菜園 田舎暮らし格安物件の古民家などを三浦半島か奥多摩か南房総で購入するか賃貸で借りる目的は、生活習慣病の糖尿病予備軍から抜け出るためである。 東京ではお金を儲けるために、朝から晩までシャカリキに働いてきた。 そのおかげで...

人気の投稿