東京都の奥多摩町や千葉県南房総、神奈川県、富士山山麓、山梨県八ヶ岳山麓
清里高原、丹波山村の田舎暮らし格安古民家物件なら購入・賃貸の失敗はない

格安物件の充実を図れば田舎暮らし希望者が大勢集まり村が栄える

古い空家(古民家)は壊してもお金がかかるし、修復するにもお金がかかる。で、あれば、古い空家(古民家)を無料で賃貸で貸し、
入居者負担で自由にリフォームしてもらえば、貸主、借主双方の利益になり、村も賑わう。これを三方良しとも言う??

「スポンサードリンク」


2014年4月7日

田舎暮らし格安物件でキャンプ三昧

格安物件でアウトドア的田舎キャンプ節約暮らしなどいかがでしょうか

田舎暮らし格安物件と言えるかどうか、田舎の土地のみ購入か賃貸して、その土地を120%以上有効利用して、家庭菜園をやりながらアウトドア的暮らしとしてキャンプ三昧などはいかがでしょうか。
土地の購入(or賃貸)だけであるので、建物と一緒に購入(or賃貸)することと比較すれば田舎暮らし格安物件と言えるかもしれません。
キャンプ暮らしで落ち着いて来たら、2~3坪の小屋を建てて、太陽光発電の太陽光パネルを小屋の屋根と土地の空いている所に敷き詰め、余った電力を電力会社へ売電して、月々の生活費に当てれば、充分潤いのあるアウトドア的田舎キャンプ暮らしを謳歌することが出来ます。
実は今、太陽光発電売電システムこそ導入していないが、前記の様なアウトドア的田舎キャンプ暮らしは実行しています。
一人暮らしなのですが、以前古民家を賃貸していた頃に比べると、風呂の燃料費は別として、電気代が確実に毎月4,000円ほど節約出来ています。
その原因は、食事作り(料理)やお茶、冬場の湯たんぽなどは全て竹やぶの枯れ竹でまかなっているので、電気代としては照明器具とパソコンとラジオのみです。
家庭菜園も田舎暮らし格安物件節約暮らしにかなり貢献しています。
スーパーでの野菜の購入は激減し、無農薬で有機肥料栽培の野菜のおかげで、身体の調子も上がり、医療費はここ10年間ゼロというすばらしい節約暮らしを過ごさせていただいております。
家庭菜園は無農薬で有機肥料栽培なのですが、料理等の燃料の竹の灰と自家製の竹炭作りからの副産物である竹酢液は使わせていただいています。
古民家等の田舎暮らし格安物件を探すのも大事ですが、もしも見つからないのであれば、この様なアウトドア的田舎キャンプ節約暮らしなどはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

田舎暮らし格安古民家賃貸物件などで田舎暮らしは国民の義務

田舎暮らし格安古民家賃貸物件などで無農薬で有機栽培の家庭菜園に励めば医療費は激減する 57歳で勤め 仕事 はきっぱりやめて、 無農薬で有機栽培の家庭菜園 を 仕事 と思い、 田舎暮らし格安古民家賃貸物件 で 田舎暮らし を始めたら、身体も脳みそも健康になり、怪我以外の病院通い...