東京都の奥多摩町や千葉県南房総、神奈川県、富士山山麓、山梨県八ヶ岳山麓
清里高原、丹波山村の田舎暮らし格安古民家物件なら購入・賃貸の失敗はない

格安物件の充実を図れば田舎暮らし希望者が大勢集まり村が栄える

古い空家(古民家)は壊してもお金がかかるし、修復するにもお金がかかる。で、あれば、古い空家(古民家)を無料で賃貸で貸し、
入居者負担で自由にリフォームしてもらえば、貸主、借主双方の利益になり、村も賑わう。これを三方良しとも言う??

「スポンサーリンク」


このブログを検索

ブログ「田舎暮らし格安物件を探す」内にある名言

戦争をしてまで「豊かな生活」を欲した戦前の日本
原発事故を引き起こしてまで「豊かな生活」をエンジョイしたがる戦後の日本
ブログ 田舎暮らし格安物件を探す
http://inaka-kakuyasu.blogspot.jp/  より


上記は2016年11月10日 無欲元気さんのTwitterへの投稿内容です
https://twitter.com/tomi_eo/status/796686491116310528

2014年8月2日

田舎暮らし格安物件である根拠を新発見

最近田舎暮らし格安物件である根拠を次々と新発見

田舎暮らし格安物件を探す方法はいくつもある。ただ、何をもって田舎暮らし格安物件を探し出したと言えるのか。やはり、探し出した田舎暮らし格安物件で何が出来たかが判明するまでは、田舎暮らし格安物を探し出したとは言えない」と、このブログの紹介で書かせていただきましたが、最近プチ田舎暮らしをしている田舎の我が土地で、田舎暮らし格安物件である根拠とも言える新発見が続出している。
その土地は過去にもこのブログで紹介していると思うが、千葉県の南房総に所在する、古民家が建っている訳でも無い、賃貸で借りている訳でも無い、ちょっと曰く付きと言えば言えない事もない、昔は田んぼだったらしい、竹やぶで覆い尽くされた平坦部分が60坪弱の幹線道路沿いの土地です。
それでは、その最近の田舎暮らし格安物件である根拠を次々と新発見した内の、誰の目にも明白な証拠の一つを紹介しましょう。
それは、このブログがその物件で投稿出来る様になった事です。
もちろん、NTTの電話線であれば昔からインターネットは出来た筈なのですが、その土地へは電話回線も入れてないし、プロバイダー契約もしていないので、わざわざ5キロ先の隣町まで出かけてインターネットをやっていました。
ところが、最近ダメ元でルーターを頭の上にかざしてみたのですが、やっぱり今まで通りの圏外表示だったのです。
しかし今回は、「もしかして」のざわめきを感じて、もう少しダメモトの動作を維持して見ました。
そうしたところ、皆様のご推察通り、ルーターに3G+4本線が表示されました。
最初は夢では無いかと、ちょっと疑いましたが、「もしかして」のざわめきには、これまでに三回程リクエストを出していた経過があったし、その日にちらっと目に入った提携会社の通信局の電波塔周りがきれいに草刈がしてあったことなどが影響しました。
と、いう訳で、その日より、隣町まで出かけなくても、毎日好きな時間にいつでもインターネットが出来る様になりました。
千葉県の南房総の片田舎でモバイル通信が出来る事は、それ自体にけっこう価値があるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

田舎暮らし格安物件の古民家などを購入したり賃貸する目的は?

田舎暮らし格安物件の古民家で無農薬で有機栽培の家庭菜園 田舎暮らし格安物件の古民家などを三浦半島か奥多摩か南房総で購入するか賃貸で借りる目的は、生活習慣病の糖尿病予備軍から抜け出るためである。 東京ではお金を儲けるために、朝から晩までシャカリキに働いてきた。 そのおかげで...

人気の投稿