東京都の奥多摩町や千葉県南房総、神奈川県、富士山山麓、山梨県八ヶ岳山麓
清里高原、丹波山村の田舎暮らし格安古民家物件なら購入・賃貸の失敗はない

格安物件の充実を図れば田舎暮らし希望者が大勢集まり村が栄える

古い空家(古民家)は壊してもお金がかかるし、修復するにもお金がかかる。で、あれば、古い空家(古民家)を無料で賃貸で貸し、
入居者負担で自由にリフォームしてもらえば、貸主、借主双方の利益になり、村も賑わう。これを三方良しとも言う??

「スポンサードリンク」


2014年8月30日

田舎暮らし格安物件探しで最も重要な注意点!!

田舎暮らし格安物件購入(賃貸)で最も重要な注意点は「君子危うきに近寄らず」

田舎暮らし建売住宅や田舎暮らし分譲住宅は、いくら格安物件であっても、外観に目が眩んだり、物件の日当たりや、営業担当者のセールス態度などに惚れ込んで購入(賃貸)してはダメ!!
田舎暮らし建売住宅や田舎暮らし分譲住宅は、いくら格安物件であっても、いくら高額物件であっても、災害に遭って家族の命を落とす様な物件を購入(賃貸)してはダメ!!
田舎暮らし建売住宅や田舎暮らし分譲住宅購入(賃貸)で最も重要な注意点は、昔の諺にある様に「君子危うきに近寄らず」を厳守する事です。

2014年8月22日

田舎暮らし格安物件探しで重要な注意点

広島の豪雨災害の件で田舎暮らし格安物件探しで重要な注意点を思い出しましたので、真剣にご覧ください。
まず、質問します。
あなたは田舎暮らし格安物件探しに千葉県の田舎へ出かけたとします。
早速、外観の素晴らしい築浅で日当たりの最高なハウスメーカー施工の崖下の格安中古住宅を見つけました。
程なくして、今度は築後30年経過ではあるが、躯体はしっかりした見栄えの悪い地勢は平坦で日当たり最悪の格安中古住宅を見つけました。
北海道から家族を呼び寄せるため、子供の入学式に間に合わせるには今日契約するしか時間にゆとりがありません。
両格安中古住宅の販売価格は同価格で1500万円です。
さあ、懸命な貴方はどちらの格安中古住宅を購入しますか?
答えは、何のためらいも無く、築30年の格安中古住宅ですよね。
家族の命を守り、大事な財産である住まいを守るためには、外観の見栄えとか、日当たりとかは最重要ではありません。
しかし、分譲住宅等の販売で、実際の取引では、外観の素晴らしい日当たりが良い物件などは、少々高額であっても、人気が高く最初に売れていきます。

2014年8月18日

こんな田舎暮らし古民家賃貸格安物件に住みたい

田舎暮らし古民家賃貸格安物件で家庭菜園を耕している時に降ってきた大喜利です



こんな田舎暮らし古民家賃貸格安物件に住みたい』大喜利

毎日家の回りに四季の草花が咲き乱れている古民家賃貸格安物件

こんな田舎暮らし古民家賃貸格安物件で暮らしたい

田舎暮らし古民家賃貸格安物件で田舎暮らしをしている時に降ってきた大喜利です

『こんな田舎暮らし古民家賃貸格安物件で暮らしたい』大喜利

毎晩家の回りを蛍が乱舞している古民家賃貸格安物件

2014年8月12日

こんな田舎暮らし賃貸古民家格安物件で暮らしたい

田舎暮らしの家庭菜園でこんな田舎暮らし賃貸古民家格安物件で暮らしたいという大喜利を考えました

「こんな田舎暮らし賃貸古民家格安物件で暮らしたい」大喜利 庭全体に光る苔が敷き詰められている田舎暮らし賃貸古民家格安物件で暮らしたい

こんな田舎暮らし古民家賃貸格安物件で暮らしたい

「こんな田舎暮らし賃貸格安古民家物件で暮らしたい」大喜利

屋根が光る苔で覆われている田舎暮らし古民家賃貸格安物件で暮らしたい

2014年8月3日

田舎暮らし格安物件である根拠をもっとご披露

この物件が田舎暮らし格安物件である根拠はいっぱい有るが

この物件が田舎暮らし格安物件である根拠はいっぱいあるが、このブログで発表したい田舎暮らし格安物件である根拠、このブログで発表したくない田舎暮らし格安物件である根拠、このブログで発表してもしなくても構わない田舎暮らし格安物件である根拠等色々あるもので、今回はタイトルを決めてから、ちょっと悩んでいます。
その一番の理由は、自分が田舎暮らし格安物件である根拠と強く思っている事も、人によっては全く受け入れてもらえない場合が絶対に有るので、そんな事で不愉快な思いはしたくないなあというところです。
そんな訳で、一つだけ田舎暮らし格安物件である根拠を示しますが、何卒ご了解下さい。
この物件は現在売却中ですので、この物件の購入者にこの物件を引き渡す時に話そうと思っている、この物件が田舎暮らし格安物件である根拠の事です。
実は、この物件では、この物件内で〇〇〇を見学出来るのです。
この現象は、誰もが田舎暮らし格安物件である根拠として認める現象です。

2014年8月2日

田舎暮らし格安物件である根拠を新発見

最近田舎暮らし格安物件である根拠を次々と新発見

田舎暮らし格安物件を探す方法はいくつもある。ただ、何をもって田舎暮らし格安物件を探し出したと言えるのか。やはり、探し出した田舎暮らし格安物件で何が出来たかが判明するまでは、田舎暮らし格安物を探し出したとは言えない」と、このブログの紹介で書かせていただきましたが、最近プチ田舎暮らしをしている田舎の我が土地で、田舎暮らし格安物件である根拠とも言える新発見が続出している。
その土地は過去にもこのブログで紹介していると思うが、千葉県の南房総に所在する、古民家が建っている訳でも無い、賃貸で借りている訳でも無い、ちょっと曰く付きと言えば言えない事もない、昔は田んぼだったらしい、竹やぶで覆い尽くされた平坦部分が60坪弱の幹線道路沿いの土地です。
それでは、その最近の田舎暮らし格安物件である根拠を次々と新発見した内の、誰の目にも明白な証拠の一つを紹介しましょう。
それは、このブログがその物件で投稿出来る様になった事です。
もちろん、NTTの電話線であれば昔からインターネットは出来た筈なのですが、その土地へは電話回線も入れてないし、プロバイダー契約もしていないので、わざわざ5キロ先の隣町まで出かけてインターネットをやっていました。
ところが、最近ダメ元でルーターを頭の上にかざしてみたのですが、やっぱり今まで通りの圏外表示だったのです。
しかし今回は、「もしかして」のざわめきを感じて、もう少しダメモトの動作を維持して見ました。
そうしたところ、皆様のご推察通り、ルーターに3G+4本線が表示されました。
最初は夢では無いかと、ちょっと疑いましたが、「もしかして」のざわめきには、これまでに三回程リクエストを出していた経過があったし、その日にちらっと目に入った提携会社の通信局の電波塔周りがきれいに草刈がしてあったことなどが影響しました。
と、いう訳で、その日より、隣町まで出かけなくても、毎日好きな時間にいつでもインターネットが出来る様になりました。
千葉県の南房総の片田舎でモバイル通信が出来る事は、それ自体にけっこう価値があるのです。

田舎暮らし古民家賃貸格安物件で読んだ一句…7月26日

田舎暮らし古民家賃貸格安物件で田舎暮らしをしている時に読んだ句をご披露します オレオレに誤作動しない貧乏か いかがですか 田舎暮らし古民家賃貸格安物件で田舎暮らしをしていると、こんな句も浮かんできます