東京都の奥多摩町や千葉県南房総、神奈川県、富士山山麓、山梨県八ヶ岳山麓
清里高原、丹波山村の田舎暮らし格安古民家物件なら購入・賃貸の失敗はない

格安物件の充実を図れば田舎暮らし希望者が大勢集まり村が栄える

古い空家(古民家)は壊してもお金がかかるし、修復するにもお金がかかる。で、あれば、古い空家(古民家)を無料で賃貸で貸し、
入居者負担で自由にリフォームしてもらえば、貸主、借主双方の利益になり、村も賑わう。これを三方良しとも言う??

「スポンサーリンク」


このブログを検索

ブログ「田舎暮らし格安物件を探す」内にある名言

戦争をしてまで「豊かな生活」を欲した戦前の日本
原発事故を引き起こしてまで「豊かな生活」をエンジョイしたがる戦後の日本
ブログ 田舎暮らし格安物件を探す
http://inaka-kakuyasu.blogspot.jp/  より


上記は2016年11月10日 無欲元気さんのTwitterへの投稿内容です
https://twitter.com/tomi_eo/status/796686491116310528

2013年12月3日

田舎暮らし格安物件を見つけるための3つのポイントとは

田舎暮らし格安物件を見つけるための3つのポイントとは。

田舎暮らし格安物件の購入方法3つのポイント(田舎暮らし格安物件の正しい購入法)

.では、「田舎暮らし格安物件の有りそうな田舎へ毎週出かけましょう。」とありますが

何故、田舎暮らし格安物件の有りそうな田舎へ毎週出かけなければいけないのでしょうか。

それは、意識高揚のためだと思います。
本気で田舎暮らし格安物件を探す気になるためには、何回も田舎へ足を運び、「田舎暮らしをするぞ~」という気持ちを高めることが、本気で田舎暮らし格安物件を探す気分にしてくれるのです。

2013年11月29日

田舎暮らし格安物件探しは楽しい

田舎暮らし格安物件探しは、恋人と行けば良いデートが出来る。
田舎暮らし格安物件探しは、夫婦で行けば良いドライブが出来る。
田舎暮らし格安物件探しは、一人で行けば良い旅になる。
田舎暮らし格安物件探しは楽しい。
田舎ののどかな雰囲気が、心も体も癒してくれる。
田舎の雑草や野花の咲く道が、希望の暮らしを描いてくれる。
田舎暮らし格安物件探しは、恋人と行っても、夫婦で行っても、一人で行ってもニコニコ、ワクワク心が踊る。
また来週も、田舎暮らし格安物件探しに出かけるぞ~。
田舎暮らし格安物件探しは実に愉快だ。
ブログに書けないことだっていっぱい起こる。
しかし、なんとかブログへ書き込んで、後でブログを見てはニヤニヤ一人で満足することも。
ブログは最近やりだしたが、もうこんな事が十数年続いている。
田舎暮らし格安物件探しが生きがいになりつつあるのだ。
田舎暮らし格安物件探しの楽しみよ永遠に。

田舎暮らし格安物件探しに役立つブログ & HP等

田舎暮らし不動産(格安物件)には夢がいっぱい (ブログ)

田舎暮らし格安物件の正しい探し方を伝授します (ブログ)

田舎暮らし格安物件は何処に在るのか? (ブログ)

田舎暮らし格安物件を探す (ブログ)

古民家物件と田舎暮らし格安物件 (ブログ)

田舎暮らし格安物件購入(賃貸)して (ブログ)

田舎暮らし格安物件 (ブログ)

田舎暮らし格安物件(古民家物件)購入(賃貸) (ブログ)

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸とは (ブログ)

田舎暮らし格安賃貸 (ブログ)

田舎暮らし 不動産《田舎暮らし 格安物件》 (ブログ)

田舎暮らし物件や田舎暮らし格安物件の情報分析

南房総の房総 不動産 古民家 田舎暮らし 格安物件 賃貸 千葉 千葉県

田舎暮らし物件で田舎一人暮らし

★田舎暮しと古民家不動産物件

田舎暮らし物件購入(賃貸)に役立つ 新築一戸建て/中古住宅/不動産/土地/購入/失敗/注意点

2013年11月12日

格安物件だった竹林での田舎暮らしは楽しい

竹林を格安で購入して田舎暮らしをしている人は多いようだ。
格安で購入した竹林へ住み着いている訳ではないが、ほぼ毎週2~3日はその竹林を訪れ、炭焼きをしたり畑を開墾したり、開墾した畑に白菜や大根の種を蒔いたりで、長い時は半月ほど小屋に泊まり込んでいる。
伊予柑とブルーベリーといちじくが今年から実を付け、大玉スイカやトマトもまあまあだったので、スイーツには困らないそうだ。
ドラム缶の露天風呂へは、雨が降ればブルーシートで集められた雨水が孟宗竹を伝わってたっぷり入り、枯れ竹の燃料で30分も沸かせば、ちょうど良い湯加減になる。
5月頃、鋳物の竹割器で丸竹を八等分にし、それを束ねて固定して、竹用の刃を付けた草祓い機で生竹のチップを大量に作り、竹やぶに山盛りにしてブルーシートをかぶせておけば、秋口には高品質の堆肥になっているそうな。
竹やぶも開墾すれば草がいっぱい生えてくる。その畑をネットで囲み、地鶏を放し飼いにすれば、草は根こそぎ食べてくれるし、垂れ流しの地鶏の糞は良い肥料になる。
生竹チップを作る時に出た、竹パウダーを醗酵させて地鶏の冬場の餌にする。
上手く工夫すれば、再生可能エネルギー的な自然循環で、極力生活費を抑える事が出来、そういう事を考えながら、竹やぶで身体を動かしていることが楽しくてたまらないとおっしゃっていた。
こういう風に利用出来る竹林こそ、格安物件と言える。ここではっきりした事は、購入した竹林を上手く工夫しながら、楽しくてたまらない毎日を過ごせることで、格安物件を購入したのだと自覚出来る事である。
いくら格安で購入した物件でも、全く利用することもなく、ただひたすら値上がりを待っている様な物件は、もったいない限りである。

2013年10月6日

格安物件の竹林を開墾して家庭菜園で田舎暮らし

田舎暮らしは格安物件の竹林で出来る。
格安物件の竹林を開墾して家庭菜園や果樹園をやりながらテントで田舎暮らしを楽しんでいる人がいる。
開墾には重機などは一切使わず、小さなノコギリとツルハシだけで、家庭菜園と果樹園は年々広がっている。
重機を使わないので、家庭菜園と果樹園は竹林だった頃の地形を留めており、真っ平らな畑のイメージは無く、優しい風景を醸し出している。
「こういう風景を見るとこの物件は格安で購入したと思える。」と、家庭菜園と果樹園のオーナーは言っている。
やはり、格安物件とは、購入時の価格では判断せず、購入後の使用状況次第で判断される様に思う。
最近オーナーは、この家庭菜園と果樹園でのテントでの田舎暮らしからログハウスでの田舎暮らしへ移行された。

2013年9月26日

田舎暮らしが出来る格安物件はいっぱい存在する

田舎暮らしが出来る格安物件はいっぱい存在するという事であるが、田舎暮らしを楽しみながら何をやりたいかを初めから決めておけば、格安物件探しも的が絞られ、楽になる。
例えば、田舎暮らしを楽しみながら家庭菜園をやりたいのであれば、古民家の様な土地も家も広い物件でなくても、田舎の分譲住宅や別荘の格安物件でも出来る。
田舎暮らしを楽しみながら、野山を散策したり、川や海で魚釣りをしたいのであれば、リゾートマンションや賃貸アパートの格安物件でも可能と思われる。
田舎暮らしを楽しみながら、あれもこれもいっぱいやりたい事が有るのであれば、畑と田んぼと山林とか里山付きの古民家の格安物件が良いかもしれない。


2013年9月4日

格安物件の土地でトレーラーハウスの田舎暮らし

格安物件の土地でもトレーラーハウスで田舎暮らしが楽しめる。
日本ではなかなか流行らないトレーラーハウスだが、建物を新築するにはどうもと言われかねないへんてこりんな土地など、トレーラーハウスに向いている。
格安物件の細長いへんてこりんな土地など、トレーラーハウスで田舎暮らしをしたいむきには最適な物件である。

2013年8月31日

古民家以外の田舎暮らし格安物件

田舎暮らし格安物件で古民家を探すケースは多いようだが、初めての田舎暮らしが、古民家の火間土で御飯を炊いたり、古民家の囲炉裏で湯を沸かしたり、いきなり現代から過去へタイムスリップした生活など無理ですよね。
それが嫌なら、今まで通り電機炊飯器でご飯を炊き、電機ポットでお湯を沸かす。その代わり、火間土と囲炉裏は唯の飾り物。これもちょっと変ですね。
最近は、古民家以外でも、田舎には立派な中古物件が在るみたいですよ。
古民家に拘らなければ、田舎の格安な中古物件を探す方が、憧れの田舎暮らしを早く実現出来そうに思えるのですが。

2013年8月27日

こんな田舎暮らし格安物件探しもある

田舎暮らし格安物件探しは多種多様。
今、賃貸の借家で田舎暮らしをしているのですが、毎日散歩で通るいちじく林の前に立派な佇まいの古民家がある。
庭には外国の高級車が止まっていて、芝生も青々としていた。
広い庭なのに外車の止まっている場所がいつも同じ所なので少しは気になっていたが、すごい古民家だなあと思うぐらいで通り過ぎていた。
あるとき、いつもの様にその古民家の前を通りかかると、老人が草取りをしていた。
「立派な外車ですねえ」と話しかけると、「ああこれけ?、これは物置だべ」との返事が返って来た。
「ええ・・?」っと覗き込むと、外車の中に色んな生活用品が突っ込んであった。
草取りの老人に詳しく訊いてみると、この古民家の主は数年前にパートナーを亡くし、東京で娘家族と同居しているそうだ。
この古民家を売りたいとも言っているそうな。
電話番号まで教えてもらった。
上手く交渉すればこの古民家を格安物件として購入出来る。
購入が無理なら格安物件として賃貸ができるかも。
この古民家での田舎暮らしを想像すると、ワクワクしてくる。
最初、なんと切り出そうか。
価格はいくらぐらいがいいだろうか。
この古民家での田舎暮らしを想像しながら、まだ電話出来ないでいる今日この頃である。

2013年7月24日

田舎暮らしの古民家の敷地が格安物件であったと判明

普通に購入した古民家であったが、その田舎暮らしのために購入した古民家の敷地が格安物件だった。
これだけでは何のことやら分からないと思うが、家庭菜園でもやりながら田舎暮らしをしたいと思い、退職金を叩いて購入した古民家の敷地が、思いの他、作物に恵まれる良く肥えた土地だったので、高額な買物をしてしまったと悔やんでいた思いが、いつの間にか安い格安の買い物をしたと喜べる様になった。ようするに田舎暮らし格安物件だったのだ。
去年の春からこの古民家で田舎暮らしを始めたが、去年は家庭菜園は初めての挑戦にも拘らず、ナスやキュウリやマクワウリなどがいっぱい収穫出来た。
これだけでは、まだ格安物件とは気付かなかったと思うが、なんといっても、スイカの大玉が10個も採れた事は、言葉には言い尽くせない喜びであった。
古民家の敷地は200坪ほど有り、家庭菜園だけであれば耕しきれないほどあることも格安物件と言える。
しかし、去年から今年にかけて、百目柿やらいちじくやら梅やらブルーベリーやらで、敷地がほとんど埋め尽くされ、今年の家庭菜園は去年よりずっと狭くなった。
有機農法に拘っての野菜作りなので、土壌改良剤などは一切使用せず、今年は連作を超嫌うスイカは諦めたのだが、去年の豊作が忘れきれず、ダメ元で少し場所を変えて作付けしてみた。
ところが驚いた事に、今年もまた大玉が10個も採れたのだから、正しく格安物件だ。
この古民家の敷地は、前住人がやはり有機農法に拘り、裏山からかき集めてきた落葉で腐葉土を作ったり、放し飼いの烏骨鶏の糞も利用して堆肥を作っていたそうだ。
そういう過去の経歴のある土地なので、かなり地力の付いた良く肥えた土地になったと想像される。
この古民家物件は、田舎暮らしの趣味の家庭菜園を十二分に満足させてくれる田舎暮らし格安物件であった。

2013年7月7日

田舎暮らし格安物件に変貌を遂げるには

普通に購入した田舎暮らし物件が田舎暮らし格安物件に変貌を遂げるまでには時間を要する。
普通に購入した田舎暮らし物件が田舎暮らし格安物件に変貌を遂げるまでには時間を要するがお金はかからない。
田舎の土地でも、田舎の古民家でもそれは同じである。
リゾートマンションなどを購入すると、2~3回利用しただけで飽きてしまい、また他のリゾート地のリゾートマンションに買換えるお金持ちを多く見かける。
これは、お金持ちだから出来る技であり、お金持ちだから出来る無駄遣いと言える
自分が気に入って購入した田舎暮らし物件を2~3回利用しただけで、欠点ばかりが目に付き、お金が在るが故に、また他の田舎暮らし物件へ買換えるお金持ち。
自分たちがお互いに惚れ合って、豪華なホテルで豪華な結婚式を挙げたものの、2~3ヶ月でお互いの欠点ばかりが目立つようになり、我慢しきれず離婚してしまうセレブたちによくある現象に酷似している。
普通に購入した田舎暮らし物件が田舎暮らし格安物件に変貌を遂げるまでには、少なくとも2~3年は住み続けるか、通い型の田舎暮らしなら4~5年は通い続ける必要がある。
その様にしている内に、その普通に購入した田舎暮らし物件の隠れた特徴や隠された長所が次第に現れ始め、もう少し時間が経過したところではっきり見えてくるようになる。
子供も欠点ばかりを見つけて叱るのではなく、子供の長所を見つけて褒めちぎってあげれば、その子供の長所がどんどん顕在化して来る現象に、普通の田舎暮らし物件から田舎暮らし格安物件へと変貌していく姿は酷似しているように思える。

注目の投稿

田舎暮らし格安物件の古民家などを購入したり賃貸する目的は?

田舎暮らし格安物件の古民家で無農薬で有機栽培の家庭菜園 田舎暮らし格安物件の古民家などを三浦半島か奥多摩か南房総で購入するか賃貸で借りる目的は、生活習慣病の糖尿病予備軍から抜け出るためである。 東京ではお金を儲けるために、朝から晩までシャカリキに働いてきた。 そのおかげで...

人気の投稿